社会保険の手続き代行サービス │ 今中社会保険労務士事務所

社会保険労務士の制度について

みなさんは、社労士という仕事についてご存知でしょうか。
名前は聞いたことがあっても、会計系の職業という程度しかわからないという人もけっこう多いのではないでしょうか。

全国社会保険労務士会連合会によると、「社会保険労務士制度」とは、企業の需要にこたえて労働社会保険関連の法令にかんして精通し、正しい労務管理やそのほかの労働社会保険にかかわる指導を行うことができるエキスパートの制度です。

この社労士の制度は、労働や社会保険に関わる法令のスムーズな実施をはかり、健全な事業の発達と労働者などの福祉向上を目指した「社会保険労務士法」によって定められた制度です。
社労士とは、社労士法に基づいて、厚生労働大臣が実施している年1回の社労士試験に受かっており、さらに2年以上の実務経験を積んだ者で、社労士名簿にきちんと登録されている者です。

平成18年4月の時点で、社労士は30,398人、社労士法人会員は183法人というデータが出ています。
このように、社労士の仕事は、上述したように「社会保険労務士法」という法律で業務内容(社会保険の手続きなど)が決められています。
法律で定められたある一定の仕事は社労士以外の人は取り扱うことが許されておらず、社労士の独占業務です。

ちなみに、社労士法第2条の1号と2号に規定しているので、「1号業務」と「2号業務」と言われています。
これに対し、社労士法第3条で規定されているのが「コンサルティング業務」で、これらの業務は社労士でなくてもお金をもらって扱うことができます。

コンテンツ

事務所概要

事務所名:
今中社会保険労務士事務所
住所:
東京都港区西新橋2-6-1 第2菊家ビル7F
電話番号:03-3557-1235
(お急ぎの方は080-3502-4687)