社会保険の手続き代行サービス │ 今中社会保険労務士事務所

社会保険労務士の業務

「社会保険労務士」のお仕事は、1号、2号、3号と呼ばれています。
これは、社会保険労務士法に掲載されている箇所に基づいた呼び名です。

1号・2号業務と言われている業務は、各種の書類の作成や提出代行などの業務を指しています。
具体的には、「健康保険や厚生年金保険といったような労働社会保険への加入や給付にかんする手続き」「就業規則、給与規定そのほか退職金規定等の変更や作成」「各種の助成金申請の代行」といった業務内容です。

そして、3号業務と呼ばれている業務は、いわゆるコンサルティング業務のことです。
具体的には、「社員の退職や採用など、あらゆる雇用に関する指導や相談」「社員の賃金管理にかんする指導や相談」「 労働時間および労働環境等にかんする相談や指導」「企業内の教育にかんする相談や指導」などです。

「1号2号業務」というのは、社労士法第2条の1号と2号で規定している業務で、これらは社労士にしか出来ない「独占業務」です。
コンサルティング業務などの3号業務は、社労士の資格をべつに持っていなくても取り扱うことができます。
しかし、労務や雇用にかんする知識を持っている有資格者の方が説得力があるので人気です。
社労士の仕事内容は一見、書類や数をただ単に淡々と処理するだけのお仕事のように思われることもあります。

でも、解雇のような労働面のトラブルに応じるなど、人と人との関係をとり持つ「交渉人」のような立場となる職業です。
社会保険労務士は、経営者と従業員の双方の意見や立場をくみ取って、会社をより一層働きやすく、より一層利益を生みやすいように導いていく調整役となるお仕事なのです。

>> 社会保険の手続き代行サービスはこちらです。

コンテンツ

事務所概要

事務所名:
今中社会保険労務士事務所
住所:
東京都港区西新橋2-6-1 第2菊家ビル7F
電話番号:03-3557-1235
(お急ぎの方は080-3502-4687)