社会保険の手続き代行サービス │ 今中社会保険労務士事務所

よくあるご質問

社会保険労務士にはどんな相談ができますか?

社会保険労務士は従業員など「人材」に関わる業務全般を取り扱います。
具体的には、

  • (1)労働基準法をはじめとする労働諸法令についての相談
  • (2)就業規則その他従業員に関する規則についての相談
  • (3)従業員の採用、人事制度、給与、解雇に関する相談
  • (4)従業員の管理に関する相談
  • (5)社会保険・労働保険に関する相談
等を行っております。

これまで、社保の手続きや就業規則は顧問税理士にお願いしていますが、
問題ないですか?

社会保険・労働保険の手続きに関する書類作成・提出および就業規則の作成・届出は社会保険労務士の独占業務ですので、社会保険労務士以外の者が業として行うことは法律上許されておりません。

当該顧問税理士様が社会保険労務士の登録も行っていれば問題ありませんが、そうでなければ社会保険労務士に依頼すべきです。

費用はどのぐらいかかりますか?

初回相談から具体的業務の開始(書類・規則作成等)までは無料とさせていただいております。
業務についての報酬は報酬額表をご参照ください。

報酬額表に記載している金額以外の費用は一切掛かりません。
ただし、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県以外の地域への出張が発生する場合は交通費を実費請求させていただく場合があります。ご了承ください。

従来は自分で手続を行っていたのですが、わざわざ費用をかけて社会保険労務士に
依頼する必要がありますか?

社会保険・労働保険の手続きについては、勉強すれば自分で行えるものも多いです。

しかし、従業員が入ったり辞めたりする際に書類を何枚も作成するのを煩わしいと感じたことはないですか?
書類を作成するにあたって「ここは何を書けばいいのだろう」「こういう特殊なケースではどう書けばいいのだろう」と悩んだことはないですか?
書類を提出するにあたって、ハローワークや年金事務所で長時間待たされたことはないですか?

こうした悩みを社会保険・労働保険の手続の専門家である社会保険労務士ならば解決することが可能です。

また、手続きの中には36協定等の各種労使協定のように厳格に法令遵守を求められるもの、労災の申請のように専門的知識を必要とするもの、社会保険の月額変更届のようにルールが複雑なものなどもあります。
こうした届出に関しては社会保険・労働保険の手続の専門家である社会保険労務士に依頼すべきです。

部外者に従業員や給料の情報を与えるのは不安なのですが?

社会保険労務士に限らず、全ての士業は職務上知り得た情報について秘密を保持する厳しい義務を有しております。士業に対しては安心して情報を開示することができます。

土日祝日や時間外にも対応していただけますか?

問題ありません。
土日祝日での対応も行っておりますのでお気軽にご相談ください。
その場合は、事前にお電話ないしメールにてその旨をご連絡ください。

東京都以外の地域でも対応していただけますか?

問題ありません。
東京都以外の地域での対応も行っておりますのでお気軽にご相談ください。
ただし、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県以外の地域への出張が発生する場合は交通費を実費請求させていただく場合があります。ご了承ください。

緊急の依頼・相談でも対応していただけますか?

問題ありません。
お急ぎの依頼・ご相談でもまずはお気軽にご連絡ください。

コンテンツ

事務所概要

事務所名:
今中社会保険労務士事務所
住所:
東京都港区西新橋2-6-1 第2菊家ビル7F
電話番号:03-3557-1235
(お急ぎの方は080-3502-4687)